撮られると美しくなれる

撮られると美しくなれる

よく人は見られていると思うと美しくなれる、と言いますが写真で撮影されるのも同じ効果があるような気がしますよね。写真を撮影する事を前提としていると、たとえモデルや芸能人ではない一般の女性であっても表情が良くなる事も良くあります。そういう意味でも美容師が写真を撮影する、というのはお客さんの美しさに対しても効果があるような気がするんですよね。写真を撮影しても良いか?と言われた時に、多くのお客さんは少しためらうと思うのです。美容室で施術を受けた後にはメイクが崩れている事もあるでしょうし、そんなつもりではなかったから服装も普段着で着てしまった、など色々と困ってしまうお客さんもいるかもしれませんが、どの人も一様にカメラやスマホを向けるととても良い表情をするものでしょう。そこにはまず綺麗なヘアスタイルになって満足している、という事が一つあると思いますし、美容師から「写真を撮っても良いか?」と声を掛けられたこと自体が、自分が選ばれた人のように感じて嬉しく思う人も多いのではないでしょうか。人に注目される、誰かに必要とされる、そいうった環境はその人からとても良い表情を引き出す一つのきっかけとなり得ます。お客さんの顔をやたらとSNSにアップすることは今の時代やらない人が多いと思いますが、顔を出してもまったく恥ずかしくないぐらいきれいに撮影できるお客さんも少なくないようですね。美容師でありながら、さながらカメラマンであるかのような上手い写真を撮る美容師もいます。中にはヘアスタイルを作った後でお客さんに写真撮影を勧め美容師兼カメラマンのような仕事の仕方をしている美容師もいるようです。そこまではいかないまでも美容師でありながら写真を撮るのが好き、写真が趣味、という人は多いようです。よく考えてみたら美容師として素敵なヘアスタイルを作ることと、良い写真を撮影する事はどこか似ているのかもしれません。ヘアスタイルを作るにはお客さんの事をあらゆる角度から観察して、髪の長さやボリューム、重さ、などその人にベストなヘアスタイルにするにはどうしたら良いか、という事を考えなくてはいけません。写真撮影もその被写体に対して、どの角度からどのような明るさで、どのようなレンズでどう撮影したら良いか、という事を多角的に考えなくてはいけない、という点で似ているかもしれません。そしてその仕上がりに対してはほぼやり直しは出来ない、という点でもその緊張感は同じなのかもしれません。また特に女性のお客さんに対してその人の魅力を最大限引き出せるようなヘアスタイルを作る、という事は、それを写真に収めたくなるほどの良い作品にする、という点で繋がりを持っている様な気がしますね。床屋 美容院 上福岡駅 シェービング ヘッドスパ メンズ 人気 安い