失敗するってどうしてなのか

失敗するってどうしてなのか

みなさんは美容室へ行くときには何を一番重要だと考えているでしょうか。料金の安さだ、という人もいるかもしれませんし、気に入った美容師がいる、ということかもしれません。ですが皆さんの想いで共通しているのは、自分が満足できる仕上がりであってほしい、という事ではないでしょうか。時には安い料金であれば少々仕上りに満足できなくても大丈夫、という人もいるかもしれませんが、それでも美容室へ行くときには多くの人がどんなスタイルが良いか考え、期待し、仕上がりをワクワクして待っているものだと思います。そこで自分が期待した通りではない、期待を下回ってしまっている場合には、はやりガッカリするものです。料金が高かった場合には尚更でしょう。ではどのように美容室や美容師を選べばそういう失敗をしなくて済むのでしょうか。そもそも美容師はきちんとお客さんから承ったヘアスタイルを作るだけの技量は誰もが持っているはずなんですよね。国家試験にも合格しているはずですし、その後もアシスタントとして長い間修業を積んでいて、その結果を認められてお客さんに向っているのですからね。ですからお客さんのオーダーをきちんと受け止めてさえいれば、そんなに失敗する事はないはずなのですよね。実は美容室において一番大切な事は「カウンセリング」の良し悪しである、と言われています。どんなヘアスタイルであってもお客さんが満足できるかどうか、というのは最初のカウンセリングにかかっていると言われています。逆に言えばカウンセリングさえ上手くできればどんな美容師にお願いしても満足できる仕上がりになる、ともいえるでしょう。もちろん例外もあるかもしれませんが、実際に私達は美容師の腕の良さというのはそんなに比較できる事ではありません。その美容師の性格とか相性というのはあるかもしれませんが、技術を日開くして上手い・下手、という事はあまり解らないと思うのです。ですから確実に差が出るのはカウンセリングが上手くできているかどうか、という事になるんですね。ですがカウンセリングが上手く行ったかどうか、という事を評価するってどうしたらよいのでしょうか?お客さんは自分がどんなスタイルになりたいか、という事を伝えた時に、美容師が「解りました」と言えば「上手く伝わった」と思う事でしょう。ですが肝心なのはお客さんが頭に描いている仕上りの図と、美容師がお客さんから聞いて頭に描いた仕上がりの図が同じでなくてはいけない、という事です。ちゃんと同じ図が描けているかどうか、という事を確認し合うのはとても難しい話ですよね。美容院 桜新町 トリートメント 縮毛矯正 おすすめ 安い 口コミ