撮影は趣味という美容師

撮影は趣味という美容師

美容師の皆さんと言うのはどこか芸術家的な面を持っているように思いますよね。お客さんの髪を切る、ヘアスタイルを作る、というのは美容師にとっては一つの作品を作る事と同様の意味を持つのではないでしょうか。ですから自分の作った作品を撮影して残したい、という気持ちがある美容師がいても全く不思議はありません。そして「撮影する」という行動も、芸術家的な側面を持っているように思うのです。自分が作ったヘアスタイル作品をキレイな映像に収める、というのもまた美容師としては一人の芸術家としての使命様な部分もあるのかもしれません。ですから美容師として活躍しながら写真撮影にも興味があり、写真を趣味としていたり、プロ顔負けの撮影センスを持っていたりする美容師も多いものです。自分の作品を残しておく、という事がだんだんと趣味以上のレベルになってくるような美容師もいるようですね。そもそも自分のSNSにアップするための撮影がきっかけとなって始めた美容師が殆どなのかもしれませんが、やはり芸術家的な面を持っている美容師にとっては写真撮影をする事も大切な作品制作の一つとなるのかもしれません。確かに同じインスタの写真などでもただ撮影されているだけよりは、プロのカメラマンが撮影したような美しい写真であればヘアスタイルを探している人の目にもとまりやすいかもしれませんね。最近では美容師自身が自分の作った作品を写真でSNSにアップしたり、自分自身の記録として撮影するケースが増えてきたように思います。美容室で仕上げてもらった後で「写真を撮っても良いですか?」と言われた経験はありませんか?特にその日の最後のお客さんになった場合などには時間があるので撮影に協力してほしい、と言われる事が多いようですね。美容師の皆さんはそれを自身やお店のSNSなどにアップして、自分はこんなヘアスタイルを作ることができる、という事をアピールしているようですね。実際に「この美容室へいったみたい」という具体的な美容室プランがある人にとっては、その美容室の美容師がどのようなヘアスタイルを作ることができるのか、という事を知る良い機会となりますね。お金をかけて明らかにキレイなモデルさんを使ってお店の宣伝をしている所よりは信用できるような気がしますね。実際のお客さんですから顔が出ない様にしているので、逆にそれが冷静な判断をする事が出来る結果となっているのではないでしょうか。顔立ちの方がヘアスタイルよりも際立っているモデルさんも多いものです。このモデルさんだからこのヘアスタイルが似合っているのだ、という冷静な判断が出来るお客さんはあまりいません。憧れの気持ちを抱かせるよりは美容師自身がお客さんを撮影した写真はお客さんに冷静な判断をさせてくれることでしょう。美容院 武蔵小杉 トリートメント 縮毛矯正 人気 口コミ 予約