同じイメージを共有できているか

同じイメージを共有できているか

もしもお客さんが美容師に伝えた自分の仕上がりのイメージを、美容師が全く同じようなイメージで共有できたとします。そうるすとおそらく一般的な技術の持ち主の美容師であれば、そのためにはどこをどのようにカットすればよいか、という判断は十分出来ると思いますし、それをきちんと再現するテクニックも持ち合わせているはずです。もし何かほかに必要だとすれば、途中でお客さんの髪のくせなどをチェックして、美容師として「こうした方が良い」と言う事があれば、それをお客さんに提案して修正していく事だと思います。そこで美容師のセンスの差が出る、と言っても良いかもしれません。ですが最初からきちんと仕上がりイメージガ共有できているので、美容師はそれを具体化する事さえできれば、お客さんが満足しないはずがないのです。つまりお客さんが満足できなかった、というのは多くの場合最初から美容師と同じ仕上りイメージを共有する事が出来ていなかった可能性が大きいのです。もし同じ仕上りをイメージしているのにそれを具体化できない美容師がいたとすれば、それは本当にまだ技術が未熟な美容師である、と言わざるを得ないでしょう。最初から仕上りイメージがちがっていたのであれば、お客さんには失敗でも、美容師としては何が失敗なのか解らない、という事になってしまうでしょう。美容室でカウンセリングをする、というのは今では当たり前すぎてわざわざ「カウンセリングをしている」という実感すらないかもしれません。具体的にカウンセリングというのは「今日はどうしますか?」「こんな風にしてください」とこれからどのようなヘアスタイルを作ってもらうか、という事を確認したり相談したりする時間のことを言いうのですが、ここできちんと認識しておかなくてはいけないのは、ここでお客さんは自分がなりたいスタイルをきちんと伝える、という事です。きちんと伝える、というのはどういう事か、というと、ただ自分のことばでなりたいスタイルをとことん説明する事ではありません。多くのお客さんは自分でできるだけ詳しく説明すればよい、と思っているのではないでしょうか。大切なのは自分があたまに描いている仕上がりの図と同じ図を担当美容師にも描いてもらう様に説明する事なんですね。たとえば「ショートにして段を入れてください」とお願いしたとします。その説明で美容師が描いている仕上がりの図は、お客さんが期待している仕上がりの図と同じであると言えるでしょうか?ショートの長さはどのぐらい?段の量はどれぐらい?段はどの辺りにつける?と色々細かい事を突き詰めていると、かなり誤差が出てくる可能性が大きいものでしょう。美容院 調布 トリートメント 縮毛矯正 おすすめ 安い 予約