髪の分け目を簡単にジグザグにする方法

髪の分け目を簡単にジグザグにする方法

ヘアセットやアレンジをする時にちょっとあか抜けて見えたいって思ったりしませんか?少しでも雰囲気が変われるだけでも気分が明るくなるものです。ちょっとした事で雰囲気を変えたいって思っている方には髪の分け目をジグザグにしてみるのがお勧めです。髪の分け目をジグザグにするだけで髪にボリュームがあるように見えたり、無造作感が出たりと若く見えるようになるのです。頭皮からの分け目が目立ちにくくなる事で髪にコシやハリがあるようにも見えたりと良い事づくめなんです。では実際にどうしたら良いのかと言うと、ヘアピンやコームの先など先端の細いもので分け目の所をジグザグとなぞります。髪に動きが出るようにしていき、最後に手で無造作っぽくなるように馴染ませます。ポイントとしてはヘアピンやコームの先を大げさに動かしていくと良いです。はっきり目にジグザグにしていくと髪にふんわりとボリュームが出てきて無造作感が増します。これだけで分け目が目立ちにくくなり、普段と違う印象の髪型になれるのです。分け目がしっかりしてしまっているという方は普段から同じ場所で分けてしまっていたりするとそこで髪に癖がついてしまうので毎日意識してちょっとずつ分け目の場所を変えると段々分け目が目立ちにくくなってきます。カラーなどを使って最初に頭皮の所にボリュームを出しておくのも扱いやすさが出て良いです。ジグザグがしやすい髪になります。簡単な方法なので是非試してみてくださいね。髪が傷みやすくて悩んでいる方は多いと思います。毎日のケアで少しでも改善出来たらって思いますよね。でもちょっとした工夫で綺麗な髪になっていけるのです。まずどうして髪は傷んでしまうのでしょうか。髪の傷みにはヘアカラーやパーマでの薬剤のダメージが関係しています。パーマやカラーの薬剤は髪の内部のタンパク質に入っていき、髪の表面のキューティクルを開き、そこからタンパク質が外に流出してしまうのです。これが髪の傷みになります。ですからパーマやカラーの後にはしっかりとアフターケアをしないといけないのです。ヘアアイロンやコテ、ドライヤーでの熱によるダメージも気になる所です。こちらもドライヤーなどの高温で髪の内部のタンパク質が硬くなってしまうのです。これをたんぱく変性といいます。たんぱく変性によりパーマがかかりにくくなっていたり、カラーも染まりにくくなってしまうのです。そしてこれからの季節で気になるのが紫外線でのダメージです。これらで傷んでしまった髪を放置してしまうと髪が抜けやすくなります。髪の傷みによって髪の成長に関わるタンパク質が不足してしまい、髪がやせ細り頭皮から抜けてしまうのです。なので簡単に出来る髪に良い事を厳選してみました。まず、先ほどドライヤーの熱で傷んでしまうと言いましたが、髪にとって自然乾燥は余計に髪を傷めてしまいます。ドライヤーの向きや角度を工夫しながら同じ所に熱が当たりすぎないように早く髪を乾かす事と、その際に専用のスタイリング剤をつけて保湿をする事です。小さい事ですが毎日のケアの積み重ねで確実に髪のダメージは減っていきます。毎日のケアを頑張っていきましょう。ヘアサロン 江古田駅 カット カラー 口コミ オススメ 安い