事前のアンケートの重要性

事前のアンケートの重要性

カウンセリングでは単純に「今日お客様がなりたいスタイルを聞き出す」というだけでは少しさみしい気がします。できることならばそれ以前にそのお客さんがどのような施術の遍歴があったか、日頃どんなことで悩んでいるか、どんな生活スタイルをしている人なのか、といった情報を持っていれば、お客さんが望むスタイルにプラスしてお客さんがより快適に生活できるように美容師の目線からアドバイスをして希望のヘアスタイルの修正をする事も可能になります。そのためにはお客さんに関する情報は、美容師としては一つでも多く持っておきたい、と思う事でしょう。ですがそのことはお客さんからすれば「そこまでプライベートな話をする必要があるの?」という事にもなりかねません。悩みというのは大抵その人のコンプレックスにあたることであるケースも多く、自分からその事を美容師に打ち明けるお客さんも少ないものでしょう。そういう時に役に立つのが事前のアンケートです。もちろん強制するのは良くありませんが、アンケートで悩み事などを記入または選択肢から選んでもらう様にしておけば、実際のカウンセリングの時に大いに役立つことでしょう。実際に美容師に対してやや身を打ち明けるのが難しくても、美容師から「スタイリングが難しくは無いですか?」と言われたら話がしやすいかもしれませんよね。美容室に来るお客さんは「こんなヘアスタイルになりたい」という何らかの願望を持っている人がほとんどですが、お客さんの中には自分の髪の毛について「ちょっと困っている」という悩みを持っている人もいるはずです。ですがなかなかその悩みについては美容師に打ち明けない人も多いものです。特に初来店のお客さんや初めて担当するお客さんだと、互いに少し様子を見るような感じで素直に悩みを打ち明けたり、悩んでいるであろうことを指摘したりすることを躊躇しているものです。ですがそれは実はとても大切なポイントで、自分が望もうヘアスタイルになることもとても大切ですが、その悩みを解決する事もとても大切だと思うんですね。たとえばなりたいスタイル、というのはその時の美容師の技術で現実化する事は可能だと思うのですが、その後自分でそのヘアスタイルをスタイリングで再現する時には自分の髪のクセなど日頃悩みとなっている髪の質が邪魔をして、うまく再現する事が出来ない事も多々ありますよね。もしも最初からその悩みを美容師に打ち明けて対処してもらっていたら、美容師は何らかの対策をとってくれたかもしれません。たとえばクセ毛の強いひとにはカットだけではなく少しパーマをかけた少しパーマをかけたスタイルを提案する、などですね。お客さんの「直したい」悩みを解決する事も美容師の大切な仕事だと言えるでしょう。美容室 青山 縮毛矯正 髪質改善 ストレートパーマ 人気 口コミ メンズ