ヘアオイルとヘアミルクってどう違うの?どっちを使ったらいいの?

ヘアオイルとヘアミルクってどう違うの?どっちを使ったらいいの?

髪の毛をケアしたいけど自分の髪の毛にはどういうものがあっているのか迷っている方も多いと思います。特にヘアオイルやヘアミルクはたくさん種類も出ていますし、どう違うのか分からない所です。ですからどうやって選んでいったらいいのか考えてみました。ヘアオイルとヘアミルクの違いはオイルとミルクという違い以外にも求められる効果としては全然違うものなのです。ヘアオイルはヘアミルクよりも髪になじませやすいものです。髪は元々皮脂がある分、オイルが馴染みやすく髪に対する保湿力も高いです。毎日のケアの時にヘアオイルを使っていくとオイルが髪の乾燥を防ぎ、髪がパサつかなくなります。朝にヘアオイルをつけると、日中もヘアオイルで髪をコーティングされている形になるので紫外線から髪を守ってくれる効果もあります。オイルは熱に強いのでドライヤーの前にしっかり塗っていくと良いですね。そしてヘアミルクは髪を保湿しながら水分も与えてくれます。特に冬場は髪から水分が減りますのでヘアミルクで保湿と一緒に水分も髪に蓄えられるので髪をふっくらとさせてくれます。なので髪に艶を出したい方、保湿やダメージケア、紫外線ケアなど多方面に対して効果を発揮してほしいならヘアオイル、髪の毛のパサパサをすぐに改善していきたい方はヘアミルクの使用をお勧めします。目的に合わせて上手くヘアオイルとヘアミルクを使い分けて綺麗な髪になっていきましょう。髪の癖が悩みでヘアアイロンを毎日使うという人も多いと思います。でも使いすぎてしまうと髪が傷んでしまいます。そこで使い方を工夫して髪へのダメージを最小限にしながらヘアアイロンを使っていく方法を考えてみました。寝ぐせや広がった髪を真っすぐに直していく時に使うのはストレートアイロンです。髪の毛の根元から毛先に流すように当てて使います。この時のストレートアイロンの温度は170度以下になるようにしましょう。髪の毛に当てる時間も2,3秒で十分です。180度以上と高温になってしまうと髪が傷んでしまいます。髪にカールやウェーブを出す時に使うカールアイロン(コテ)は140度以下の温度がお勧めです。カールをつける時も髪にあてる時間は5秒ほどで大丈夫です。温度が高すぎたり、同じ所に何回もあててしまうと髪が傷んでしまうので気をつけましょう。自分にあったヘアアイロンを選ぶ時には上がる温度の高さプレートを見ると良いです。200度まで上がるタイプもありますが、髪に対して良い温度ではないので低い温度でも色々な調節が出来るかどうかを見ると良いと思います。プレート部分がセラミックやチタンで出来ているものを選ぶと髪が傷みにくいです。そしてヘアアイロンを使う時に一番大事な事は髪が乾いている状態で使用する事です。濡れている状態の髪にヘアアイロンを使用してしまうと水蒸気爆発が髪で起きてしまい、髪の傷みの原因になってしまいます。こういった事に気を付けて、ヘアアイロンでお洒落を楽しんでいきましょう。美容院 練馬駅 カット カラー ヘッドスパ おすすめ オーガニック