カラーマニキュアを使う

カラーマニキュアを使う

だいたい美容室で白髪を染めて完璧に白髪を隠す事が出来るのはせいぜい二週間ぐらいではないでしょうか。それを過ぎると徐々に頭頂部に伸びてきた白髪が目立ち始めます。三週間を過ぎるぐらいから、外出すると人が自分の頭頂部の白髪を見ているのではないか、時になってくるのではないでしょうか。それが嫌で外出するのが億劫になる、と言う人もいるようです。その時期を乗り切る一番簡単な方法はリタッチタイプのヘアマニキュアなどを使って伸びてきた部分だけに色を入れる方法ではないでしょうか。お出かけ前にさっと手入れできるのも気軽でよいですね。しっかりと染めるのではなくて髪の表面に色と塗るような感じなので美容室でのカラーリングとは違ってダメージが少ないのも安心です。ただ一般的なリタッチのはマニキュアが持つのはせいぜい10日〜二週間程度と言われていますから、そんなに長期間効果のあるものではなさそうです。その分手軽にできますから気になった時にさっと塗っていく、と言う感じが良いかもしれません。もっとも美容室で染めてからの期間が長くなればそれだけ髪の毛の伸びてくるので、リタッチする長さも長くなってきます。どの時点まで我慢して、いつごろ頃美容室で染め直すのか、と言う事を計画的に考えなくてはいけませんね。町田はスタイリストの求人とヘアサロンで染めた白髪染めが髪の毛が伸びてきたために頭頂部の白い部分が気になり始めた、と言う時に「いっそ隠すために帽子を被る」と言う人もいるようです。確かに完璧に隠す方法としては万全な策と言えるでしょう。最近はオシャレのための帽子もたくさん販売されるようになってきましたし、季節を問わず髪の毛を紫外線から守るために帽子を被るのは髪の毛にとっても悪くない事ですね。季節が変われば色々な形状の帽子が販売されるようになっていて、オシャレのアイテムの一つとして、常に帽子を着用する事を考えておけば、「白髪を隠す」と言う意識を持たなくても楽しめるのではないでしょうか。ただどうしても帽子を外さなくては失礼にあたるような場では考えものですよね。外して頭頂部が白髪になっている事を人に見られてしまったら「ああ、だからいぶも帽子を被っているのね」となってしまって、オシャレのイメージからは遠ざかってしまうかもしれません。どうしても帽子を被ることが出来ない場合や、帽子を外さなくてはいけない事が解っているときにはあらかじめヘアマニキュアなどでリタッチをしておいた方が良いでしょうね。また季節や帽子の素材によっては帽子の中が蒸れてしまって逆に頭皮や髪の毛に対して良くない環境を作ってしまう事になりますから注意した方が良いですね。