美容師の悩みは客には見えない

美容師の悩みは客には見えない

どんな仕事でも悩みと言う物はついて来るものだと思われます。美容師と言う仕事も例外ではないでしょう。私達が抱く美容師のイメージと言うのは華やかで、オシャレで、休日も楽しそうに過ごしている様なイメージですが、実際にはそんなイメージとは程遠いような生活をしている美容師もいると言われています。美容師の皆さんが抱く悩みとはどのようなものなのでしょうか。一般的に言われているのは「仕事がきつい」とか「給料が安い」と言う事だと思います。ですがそういう事もにわかには信じがたいぐらいキラキラとした美容師もいるような気がします。悩んでいる様子など全く見せないで、溌剌と働いている美容師の姿こそが私達がお店の中で見る美容師の姿ですが、その陰にはやはり色々あるのかもしれませんし、若い頃に悩んだ時期があったからこそ、今は溌剌をしているのかもしれません。美容師はヘアスタイルを作る、と言うテクニックを要するだけではなく、お客さんに美容室内で心地よく過ごしてもらう、と言うサービス業的な面も持っていますからどんなに悩みを抱えていてもお客さんの前で辛そうな顔を見せたり、暗い表情をするわけにはいかない仕事でもあります。私達が知らない一面を持っているのかもしれませんね。美容師は離職率が高い事で有名な職業でもありますが、その離職率が一番高いのは初めて就職した篠崎でスタイリストと求人は美容院での一年以内に辞めてしまう人の割合だと言われてします。つまりやっと目標を達成して美容師になったのに、一年以内に辞めてしまう人が多い、と言う事ですね。美容師と言う職業はなんとなくなれるものではありません。それまでには専門学校に通い、国家試験に合格しなくてはなりません。つまり一般的な企業に就職するよりも長い年月をかけて準備をしてきた、と言う事になるでしょう。それにもかかわらずやっと夢がかなった直後に辞めてしまう、というのはよほどのことがあったからに違いありません。多くの新人美容師たちがぶち当たるのは「アシスタント」と言うポジションの辛さであるようです。アシスタントとは、私達がお店でシャンプーなどをやってもらうスタッフの事で、まだ新人でお客さんの髪の毛を切ったりすることが許可されていない人たちです。毎日雑用やシャンプーなどをこなしながら、閉店後にはテクニックを磨く練習をするのが、アシスタントたちの仕事なのですが、そういう毎日を送っている中で「辞めたい」と思うほどの悩みを抱えてしまう様なんですね。実際にアシスタントの皆さんは、どんな事に悩んでしまうのでしょうか。